google

私たちは、安全で快適な水環境を創造します。

Home > 業務紹介 > 事業分野別 > 建設分野他

建設分野他

 私たちは、水と環境を守る総合コンサルタントとして、設立から半世紀にわたって社会資本整備に係わる各種の技術サービスを提供してきております。

 顧客の要望に対して、質の高いサービスを提供するために、上下水道部門を始めとして、建設部門(鋼構造及びコンクリート、トンネル、建設環境、港湾及び空港)、電気電子部門の技術士資格を有する技術者や、一級建築士、環境計量士などの専門技術者が、それぞれの分野において最適なソリューションを提案いたします。

鋼構造及びコンクリート部門

 建設分野における鋼構造及びコンクリート構造物の調査・計画・設計・診断に関する部門です。当社では、主にコンクリート構造物、特に水槽構造物に関する調査・計画・設計・診断に関する業務を行います。

当社のサービス
コンクリート構造耐震診断
コンクリート構造劣化診断

トンネル部門

 交通量が多く地下埋設部が輻輳した市街地内や河道幅の広い河川の横過などにおいて、地下部に長距離にわたって布設される上下水道管路は、シールド工法によって施工されます。

 私たちは、高度なシールド技術を有する専門技術者により、現場条件や土質条件を考慮した最適な計画、設計、施工管理を行います。

当社のサービス
上下水道シールド管路の計画、設計、施工管理
管路の耐震診断
シールド管路の老朽度診断

電気電子部門

 電気電子部門では、電気設備分野について計画、診断、作図、積算、施工監理業務を行っております。

 主に上下水道用電気設備として特高受変電、高圧受変電、自家発電、計装、特殊電源、監視制御等多岐にわたり、お客様のニーズに沿いつつ省エネ等地球環境を考慮した提案を行っております。

測量・地質部門

【測量部門】

 当社では主に、上下水道施設の計画・設計をサポートするための測量業務を行っております。業務実施にあたっては、人工衛星を利用したGPS測量や電子平板の導入等、測量関連の技術革新に対応し、迅速で精度の高い成果の提供に努めています。

 また、用地境界の復元、紙ベース図面のCAD化、地盤変位の測量等、上下水道施設の計画・設計のサポートのみならず、様々なニーズにお応えします。


【地質部門】

 当社では主に、上下水道施設の設計・施工を行うに当り必要な地盤状況を把握するための地質調査を行います。

 上下水道部門において豊富な経験を持つ当社では、当該施設設計を行う上で適切な調査内容の提案を行います。

建築部門

【建築設計】

 上下水道施設が求められる役割は時代とともに多様化が進んでいます。建築部門においては、新たにつぎの3つの課題が求められていると考えています。

 

 @公共施設の規範として環境診断などによる環境にやさしい施設の提案

 A広大な空間や資源を有していることから地域住民との協働による新たな環境・資源的付加価値に配慮した

  施設の提案

 BBCP(事業持続計画)に連動した耐震診断・補強設計および津波対策など「安心・安全」で強靭な

  水インフラ施設の提案

 C公共施設の規範として環境診断などによる環境にやさしい施設の提案


 以上、社会の様々なニーズに呼応しかつ上下水道における豊富な経験を生かし、より適切で効果的な設計を提案することを心がけています。

関連業務実績(抜粋)
東京都葛西水再生センター特高施設再構築実施設計
東京都清瀬水再生センター沈砂池ポンプ棟耐震補強実施設計
香川県大束川浄化センター耐震補強実施設計
東京都境浄水場再構築実施設計

 

 その他多数のBCP等地域環境を配慮した建築設計の実績があります。

 

【建築工事監理】

 一定規模以上の建築工事は定められた資格をもつ建築士による工事監理が建築士法で義務づけられています。土木と建築の複合構造物については土木工事においても建築の有資格者が必要となることがあります。

関連業務実績(抜粋)
東京都芝浦水再生センター電力貯蔵施設建設工事
東京都後楽ポンプ所発電設備再構築建設工事
仙台市荒井東雨水ポンプ場建設工事
東京都境浄水場再構築実施設計

 

 その他多数の建築工事監理の実績があります。

 

事業分野別
水道分野
下水道分野
情報分野
環境分野
建設分野他
国際分野
設計審査システム
コンサルティングテーマ別
環境を改善するためのベストソリューション
新たな制度やシステムへ対応する技術
災害に強い街づくりを実現する技術
健全経営をサポートする技術
事業のトータルマネージメントを目指す技術
事業体と民間のパートナーシップによる事業運営
上下水道 何でも相談室
登録部門別
上水道及び工業用水道部門
下水道部門
鋼構造及びコンクリート部門
トンネル部門
建設環境部門
電気電子部門
測量・地質部門
建築部門
土壌汚染対策関連